千葉でのスマホ異常はiPhone修理専門店で直してもらおう

撮影中

折角の分解修理なら纏めて部品交換がおすすめです!

iPhone

iPhone修理は、基本的にiPhone本体を分解することになります。バッテリー交換であっても、iPhone内部にアクセスするため、バックパネルを取り外します。この一連の作業は、液晶ディスプレイの交換修理、ホームボタンの交換、マイクやスピーカーでも同様です。つまり、iPhone修理の専門店にiPhone修理を依頼する際は、同時に交換修理する方が作業工賃を節約することが可能です。
例えば、液晶ディスプレイが割れ、ガラスパネルや液晶パネルの交換となった際はバッテリー交換を同時にした方がお得です。個別に交換修理するよりも将来的に考えれば、修理費用は少なく済みます。バッテリーの寿命は使用頻度やバッテリーの充電頻度によるものの、2~3年で寿命に達し始めます。そのため、iPhone修理のついでに交換した方が良くなります。
ですが、iPhone修理の専門店に複数個所の修理やバッテリー交換を依頼する際、見積金額には注意が必要です。同じ分解作業にも関わらず、個々の交換単価に交換に掛かる工賃が含まれている店舗は依頼を避けることがおすすめです。依頼者が分からない、そして見えないように作業をする専門店の場合は、それを悪用することもあります。そのため、同時交換の際は分解作業という点で同じということを知っておくことがおすすめです。